金沢市民が懐かしむ【金沢くらし博物館】

2020/02/09 ブログ

懐かしい戦前~昭和の時代の博物館は全国各地にあります。石川県内には和倉昭和博物館とおもちゃ館と今日ご案内する「金沢くらし博物館」があります。金沢くらし博物館は金沢市飛梅町で金沢文化振興財団が運営しています。2012年福井県の三国にある昭和倉庫が火災で展示物約2万点が焼失したのは記憶に新しいです。とても展示品が多く訪れるたびに感動していた博物館がなくなって大きなショックを受けました。くらし博物館はそこまで膨大な展示物があるわけではないですが、実際に手にとってみたり、使ってみたりできる体験型展示物もありました。平成生まれの方の使い方わからない様を見てるのも楽しいものです(^^)そしてくらし博物館は金沢市の文化施設と連携しているので入館料もとてもお得で、1日中楽しめるワンデイパスポートもあるのがうれしいですね。(1日では文化施設全部は到底無理ですので3日間パスポートも有り!)懐かしい暮らし、昭和の暮らしといえば…私が10歳の今日(1986年)ハレー彗星が地球に最接近し日本中が沸いていました。理系の秀才君が天体望遠鏡をで彗星観測しているころ私は一人ファミコンに没頭していたのを思い出しました。私の昭和の暮らしと言えばファミコンかなあ。(ドラゴンクエスト1986年発売)

 

大型バスや石川県以外での貸切についてはこちらが便利です

 

貸切バス見積り・予約は全国対応の【貸切バスの達人】観光バス・送迎 バスの無料一括見積りサイト